アリ・ダエイと親切な日本人

 アリ・ダエイは、代表通算109得点の世界記録を持つイラン・サッカーの英雄です。2007年の5月28日に現役引退しました。f0163079_921834.jpg

 ダエイ語録 だそうです。

・「アジア最高のDFは誰が何と言おうと井原。
  彼とはサッカーの試合中なのにレスリングまでしたんだよ(笑」
・(一番好きな国を尋ねられて)
 「日本だ(即答)。アジア大会でヒザに大怪我を負って、広島の病院で失意に暮れていた時、 ドクターとナースはもとより、日本のファンが花束や紙細工(恐らく鶴の折り紙)を持ってきて 私を励ましてくれたんだ。外国であんな想いをしたのはそれが最初で最後だ。」
・(自身がデザインしたイラン代表のユニフォームについて)
 「だってア○ィダスやプー○のユニフォームってカッコ悪いだろ?
  それより見てくれ、私のデザインを」
・(日本に敗れ、プレーオフに回ってことについて)
 「対策?ないよ。それとも今度は私が車椅子に乗ってくることを期待してるのかい?」


 日本人は敵方であっても技術や個性のある選手は評価するし、愛情さえ持つことができるのだと思います。ナショナルチーム前監督のオシム氏は、東京オリンピックの時に日本人から受けた親切を忘れず、日本人にサッカーを教えたいと報酬や自身の名声を度外視してコーチとして千葉に来た人なんだそうです。ナショナルチーム監督として高給を約束されて来た人ではないのです。

 日本人の示す「無償の好意や親切」をオシム氏のようにこの世に稀なるものとして、いつまでも覚えているばかりか「恩返し」までしようとしてくれる外国人がどれだけいるでしょうか・・ 日本人の中に見返りをとくに求めず親切にしてくれる人がいることを知ると、「おバカさん」となめてかかって「利用」しようとする外国人が沢山いると思いますから・・

 TVに出てくる外国人タレントの中に「あなたたちはお人好しなんだから、気をつけなさい」と言ってくれる人いますか?全員がそれをよく知っているはずなのに・・それどころか日本人おかしいと非難することをメシのたねにしている外国人が沢山います。悪口を言われて喜んで見てる側も超おかしいし、お人好しの極致でしょう。

 北朝鮮による拉致問題が連日報道されている最中に、ワールドカップの予選で北朝鮮チームが来たことがありました。試合は日本の勝ちだったと思いますが、まことに平穏無事に試合が行われたらしいです。政治とスポーツは別、なんでも話し合いで解決しましょうなんていう日本人の「フェアプレー精神」が相手側に通じているわけなんかないでしょう。大人しければ「日本人民は我が国の威勢に屈した」などと言ってるに違いないと思うと悔しくて。。

 日本人の善意を受け取れるハートを持ってる外国人になら、いくらでも親切にしてかまわないと思います。だけど、その見分けが超難しい・・だって心ある外国人なら現状を知って「日本人、お人好しすぎて「おかしい」よ、これからどうなるかわかってんの??」と叫びたくなるでしょうから・・ビル・トッテン氏は日本人のことを思って本当のことを書いてしまったために、(「銀行は強盗、外資はハイエナ」という本を書いてます)母国アメリカから要注意人物視されてしまったそうですが・・

 日本人にけっこう好かれてるようなアリ・ダエイ氏がどんな人なのか私には全然、わからないです。疑いの目を持たずに外国人を好きになる、ようなことは今はもうできそうもありませんが、かつては私もそうでした。

 そんなわけで・・ 外国人参政権に反対です。
[PR]

  by mousavian | 2010-05-17 18:20 | 書庫

<< 反日団体 ハーグ条約アンケートに回答いた... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE