弁護士刺殺事件、容疑者が出頭

<横浜弁護士殺害>指名手配の容疑者を逮捕 警察に出頭

(毎日新聞 - 07月02日 01:53)


 横浜市中区の「横浜みらい法律事務所」で弁護士の前野義広さん(42)が殺害された事件で、神奈川県警は1日深夜、殺人容疑で全国に指名手配していた千葉県市川市伊勢宿、職業不詳、平川隆則容疑者(41)を逮捕した。平川容疑者が捜査本部のある神奈川県警加賀町署に出頭した。

 逮捕容疑は6月2日午後2時40分ごろ、同区太田町1の関内川島ビル9階の同事務所で、持ってきたサバイバルナイフのような刃物で前野さんの胸などを複数回刺し、失血死させたとしている。

 平川容疑者は昨年、神奈川県内の女性から離婚訴訟を起こされていた。女性の代理人は前野さんで、訴訟をめぐるトラブルがあったとみられる。

 また捜査関係者によると、平川容疑者は現場に落ちていたサバイバルナイフのような刃物と同型のものを事件直前に購入。自宅マンションに止めてあった平川容疑者の車の中の血痕が、DNA型鑑定で前野さんのものと一致したことも判明していた。

 横浜弁護士会によると、前野さんは三重県出身で中央大を卒業。07年に弁護士登録し、同弁護士会の消費者問題対策委員会の委員を務めていた。


横浜・弁護士刺殺:容疑者、逃走資金を事前準備か

 横浜市中区の「横浜みらい法律事務所」で弁護士の前野義広さん(42)が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された千葉県市川市伊勢宿、無職、平川隆則容疑者(41)の所持金は約4000円で、約1カ月間の逃亡中に金融機関で現金を引き出した形跡がないことが2日、神奈川県警への取材で分かった。県警は、あらかじめ逃走資金を準備していた可能性もあるとみて調べている。

 また、県警によると、平川容疑者は1日夜、捜査本部のある加賀町署に出頭した際、身分を証明するものを持っていなかった。平川容疑者は「DNAや指紋を調べてもらえれば分かる」と話したが、捜査本部は平川容疑者を相手取って離婚訴訟を起こした妻に、マジックミラー越しに確認してもらったという。

やっぱりなんかヘン
[PR]

  by mousavian | 2010-07-02 10:57 | 事件です

<< 生活保護目的に入国?中国人32... 参議院選挙候補者アンケート >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE