NHK関西熱視線

NHK大阪放送局の報道番組『関西熱視線』で、我が国の離婚後の親子の交流を取り巻く問題に関する番組が放送されます。

放送局:NHK大阪放送局
放送エリア:大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山、滋賀、三重(もしかしたらその他の隣接県でも映るかもしれません)

放送日:8月20日(金)午後7時30分~同7時55分(25分間)

再放送は8月23日(月)11:05AM~11:30AM

以下、mixiからYOSHIFURUさんのご紹介コメントを転載します。


放送エリア外の方のために(番組の概要)
番組はNHKアナウンサーと棚瀬先生がコメンテイターとして進行。

・2歳のお子さんが面会終了時間が迫り、パパに“離れたくない!”
 と泣き叫ぶ様子がビデオで紹介されます。
 →理屈抜きで“親子の引き離し”が子の福祉に叶わない現実を視聴者に迫る。
  ※私はこのシーンで涙が出ました。

・お二人の引き離し当事者(男性)インタビュー。
 →我が国で司法が面会交流に全く機能しない現実を紹介します。

・引離し側のアンケートを紹介。
 →某引離し側支援組織が行ったアンケートです。

・親権を取った母親へのインタビュー。
 →面交ルールを決めたものの、“子を元夫に会わせることへの不安”を訴える。

・両親が離婚し、母親のもとで育ち成人した女性へのインタビュー。
 →母親から“否定”されながら成長した。しかし10年ぶりに再会した父親とあって、自分が実は父親そっくりであった事に気づく。
 そして母が自分に“父親の影”を感じ、否定につながっていたと認識。
 更に、父親と会い、心の交流を通じて、自分に自信と安心感が湧いた。
 
 ※引離しの最大の被害者が、実は子供であることを視聴者に強烈に訴え、離婚後も両親が子供と関わることの大切さを実例で訴えている。

・棚瀬先生へのコメント。共同養育こそが目指すべき道。と説く。

以上の流れで番組が構成されています。

この番組は引離し側(支援団体、司法関係者等)への取材を十分に行い、加えて、引離された元子供の登場というシーンを加えたことで、第三者にも問題の深刻さと、共同養育こそが唯一の解決策であるということを理解させる極めて有益な内容となっています。


にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

  by mousavian | 2010-09-01 23:16 | 報道記事

<< NHK総合クローズアップ現代 イクメン >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE