4億8千万円賠償命じる 日本人元妻に米裁判所

国際総合 - エキサイトニュース

 【ワシントン共同】離婚した日本人の妻が米国から日本に連れ帰った子ども2人を取り戻そうとしている米テネシー州のクリストファー・サボイさん(40)が元妻に損害賠償などを求めた民事訴訟で、同州ウィリアムソン郡の裁判所は9日、子どもたちとサボイさんとの定期的な面会などを定めた離婚時の合意に反したなどとして、元妻に対して610万ドル(約4億8900万円)の支払いを命じた。


 ハーグ批准には賛成だけどサボイは好かないし、日本国籍取ってる日本人なんだよね。
サボイの妻子がアメリカ連れ戻しのスケープゴートにされるのは反対!
[PR]

  by mousavian | 2011-05-10 18:13 | 離婚と子ども

<< DVの専門家を暴力行為で逮捕@野田市 チャーリー・シーンの離婚が成立 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE