ハーグ条約加盟を閣議了解 政府、関連法案整備へ

政治 - エキサイトニュース

 政府は20日午前、国際結婚が破綻した夫婦間の子どもの扱いを定めた「ハーグ条約」への加盟に向け、関連法の整備を進める方針と法案の骨子を閣議了解した。菅首相はフランスで開かれる主要国(G8)首脳会議で加盟方針を表明。政府は年内にも条約承認案と関係法案を国会に提出したい考えだ。枝野官房長官は記者会見で条約加盟について「国際社会との整合性をとることが望ましい。子どもの福祉に悪影響を及ぼさない手当て、配慮は十分にした」と述べた。
[PR]

  by mousavian | 2011-05-20 14:42 | 離婚と子ども

<< NHKドラマ版「八日目の蝉」 政府、ハーグ条約加盟を決定 窓... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE