バブル女と離婚

「バブル女は死ねばいい」という過激な題名の本を前に買っていました。著者は杉浦由美子さん。バブル女というのは1965年~69年生まれで現在40台前半の女性で好景気に総合職として就職できた世代。私の妹はちょうどあてはまる年で、10才上で不採用通知のコレクターのようだった私と違い、一流企業の総合職にあっさりと内定してしまいました。20代の頃の彼女が怖いものなしで強気に見えたのは、彼女だけのことではなかったのでしょうね。

ふと思いついたのは、突然子連れでいなくなる妻たちとバブル世代がかぶっているのではないかということ。連れ去り別居された男性たちで40代後半の人たちの元妻にあてはまるのではないかしら・・  キーワードは自己実現とか自分磨きとかそんなやつ。


イケメンで一流企業勤務など好条件な男性が子どもを連れ去られるわけ、を考察中ですが文章にできない。連れ去り犯は・・負け犬にだけはなりたくない高学歴・キャリア志向女子ではないかな。東電OL事件の衝撃(97年)に負け犬の遠吠え(2003年刊)の追い打ち。

f0163079_13564985.jpg



にほんブログ村 家族ブログ 親子引き離しへ
にほんブログ村
[PR]

  by mousavian | 2011-06-30 09:54 | 離婚と子ども

<< シュワルツネッガー、離婚へ NHKドラマ版「八日目の蝉」 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE