カテゴリ:未分類( 17 )

 

小佐古官房参与辞任

小佐古官房参与辞任記者会見
f0163079_911624.jpg


「年間20mSv近い被ばくをする人は、約8万4千人の原子力発電所の放射線業務従事者でも、極めて少ないのです。この数値を乳児、幼児、小学生に求めることは、学問上の見地からのみならず、私のヒューマニズムからしても受け入れがたいものです」

配付資料全文 

More
[PR]

  by mousavian | 2011-04-30 09:11

世田谷区長に保坂元議員 国会の質問王が初当選

政治 - エキサイトニュース

★保坂展人氏のすばらしい選挙歴 ★
[PR]

  by mousavian | 2011-04-25 09:30

西岡参院議長会見

西岡参院議長会見  (7日午後3時半)

 西岡武夫参院議長は7日午後、国会内で記者会見し、東日本大震災への政権の対応に関し、「菅内閣が今の状態で日本の国政を担当することは許されない」と述べた。会見の全文は次の通り。

 【菅内閣の震災対応】

 「これまでもたびたび申し上げてきたことだが、今回はぜひ、皆さん方に報道していただきたい。と申しますのは、首相はまたもや会議をおつくりになる。復興構想会議という。何かトップも具体的な名前が出てましたけども、その具体的なお名前が出ていた方には申し訳ないんですけどね、その方がどうってことじゃなくて、そう会議をまたやられるのかと。いつまで会議をやっているのか。内閣総理大臣たるものは、まずこれだけのことが起こったわけですから、国民の皆様方に対して、内閣総理大臣として、こういう方向で復興するんだ、福島原発の問題については、きわめて大変な問題だけれども、こういう方向で、自分としては具体的に取り組むんだということをおっしゃるべきだ」

 「電力が不足している。確かに福島の原発がこういう状態になったので、電力が不足する。しかも、東日本と西日本とでは電気の互換性がない。電流を100万キロワットしかもってこれない。いろんな専門の方にお聞きしましたが、にわかに、今年の夏に間に合うような形で、西日本の電力を東にもってくるというようなことを、100万キロワットはできているわけですから、そういうやり方はないのかとおたずねしましたが、かなりの時間がかかる、と。お金がかかるということについては、かなりの国費を投じていいと思うんですけれども、かなり時間がかかるということで間に合わない。ということであれば、たとえばこの間の会見でも申し上げましたけれども、タイから持ってくるというのは、ガスタービンによる発電とか具体的な発電、早くできる施設をできるだけ早くつくるということに手をつけるべきであるし、今から産業界、もちろん家庭もそうですけども、産業界に電力の供給を今から何十パーセント節約しろとか何とかということで日本の経済をこれ以上、負の連鎖が起こるようなことをやるべきではない。全力を尽くして電力不足に対しての対策をまずつくるべきであって、経済産業省はまったくうしろ向きのそういうことを考えるのは信じられないと私は感じております」

 「整理すると、復興構想会議というのはもうやめてもらって、首相としてどう復興するかという方針をきちんと示して、そして具体的に、たとえば仙台なら仙台に東北復興府というようなものを設置して、具体的に復興にとりかかる。それにはこの前会見で申し上げたように、国土計画を、都市計画をどうするのかということも根本的にやり直す。そういうことを示すべきではないか。菅内閣が今の状態で日本の国政を担当するということは許されないと思うんですね、将来にわたって」

「政府はスタートの時点で対応を間違っていた」 出荷停止は「政府の失態」

 【緊急事態法】

 「立法府の立場でございますから、あまり具体的なことは今まで申し上げませんでしたけれども、たとえば3月11日、その日のうちにとは申しませんけれども、少なくとも12日に、緊急事態法という法律を政府が提出されて、これはまあ、衆議院議長とはお話ししておりませんが、その日のうちに衆議院も参議院もその法律を通してくれと。もちろん、各会派には私相談しておりませんけれども、政府がお出しになれば、12日の日に私は通ったと思います。そういうことをまずやって対応すべきではなかったか。私もあのときやっぱり申し上げるべきだったかな、と思っております、その後の政府のやり方を見ておりますと。これはもうとんでもないことだと私は思うんです」

 「たとえば、これも皆様方に申し上げましたけれども、避難勧告とか立ち入り禁止とかというようなことは、ご承知の通りに、市町村長の権限ですから。10キロだ20キロだということは市町村長と当然ご相談になった上で、政府はやられたはずなんです。それを政府としてやるならば、やはり緊急事態法というものをつくって政府の権限でそういうことをきちっ、きちっとやっていくということを本来ならやるべきではなかったか。だから、20キロから30キロという問題がずっと尾を引いて、これはもう前に私、指摘をしましたけれども、政府がどうにもできないでいるというのはそこから来ているわけです。もうスタートの時点で間違っていた、対応が」

 「それともう一つは官房長官の記者会見、これはもう官房長官、これも申し上げた通りに、大変だと思います。今まで。しかし、具体的な、たとえば、農作物にしても、出荷停止っていいながら、しかし、安全だ、と。この言い方がどれだけ、これは、東北地方だけじゃなくて、東京にしても、他の地域にしても、全部に影響を与えたと私は思うんです。やはり政府が出荷停止ということを言っちゃうと、あとから安全だと言ったって、これは混乱しますから。どっちかにしなきゃいけないかんですね、これは。本当に出荷停止しなければいけないほど危険ならば、放射能の危険があるならば、出荷停止をぴしっとやる。念のためとか安全だけどやるとか、とんでもないこれは私は政府の失態だと思います」

 「それともう一つは、ここ数日前の原子炉から出た汚水を海に流した。これ漁業関係者にも何も知らされなかったと報道では聞いていますが、またテレビなどで漁業の方が怒っておられましてね、東電が謝っているところも、私拝見しましたけどね、東電にしても何にしても、水産関係の方に黙ってあれを流しちゃったというのはとんでもないことだと思うんですね。これは政府が知らないはずはないと私は思います。東電独自でやったとはいわせない。またそれだったらば政府の怠慢ですから」

「復興構想会議で議論なんかしている暇はない」

More
[PR]

  by mousavian | 2011-04-09 20:37

スイスで離婚直後の男性専用「避難施設」が人気

スイスで離婚直後の男性専用「避難施設」が人気(ロイター) - エキサイトニュース

 [ジュネーブ 9日 ロイター] スイスの牧師が、チューリヒ湖畔に離婚直後の男性を支援する施設をオープンし、人気を集めている。施設は、離婚したばかりの男性を対象にした同国では初めてのシェルターで、キリスト教プロテスタントの牧師がジュネーブ近郊のErlenbach村に開設。

 以来、入所希望者の数は毎週増えているという。

 牧師は「妻が離婚を切り出し、子どもとともに家に残って、夫は家をスーツケースを抱えて家を出るケースが大半だ」と説明。その上で「誰もがまず屋根とベッドが必要」と述べ、家を出た男性たちには当座の避難場所が必要だと話した。

 この牧師は、昨年9月に離婚した4人の男性から支援を求められたのをきっかけに、同施設を発案。料金は週170スイスフラン(約1万4000円)前後で、1度に3人までの受け入れが可能という
[PR]

  by mousavian | 2010-09-10 17:28

生活保護で精神科薬

健康 - エキサイトニュース

7割が精神科「不適切な受診」―生活保護受給者調査

 厚生労働省は9月3日、今年1月に複数の精神科医療機関から向精神薬を処方された生活保護受給者2555人について調査したところ、70.3%に当たる1797人で同じ効能の向精神薬がそれぞれ処方される「不適切な受診」があったと発表した。

 それによると、「不適切な受診」が認められた1797人のうち、その後の指導によって医療機関を一本化するなど721人が「改善済み」だった。指導中は927人で、残る149人は生活保護の廃止などで指導に至らなかった。

 調査は、大阪市の生活保護受給者が営利目的で大量の向精神薬を入手する事件が4月に起きたことを受けて実施したもので、今回が2次調査。7月に結果が公表された1次調査では、今年1月に精神科医療機関を受診した生活保護受給者4万2197人の診療報酬明細書(レセプト)を抽出して審査した結果、2746人が複数の医療機関から向精神薬を処方されたことが明らかになっていた。今回の調査では、精神科は1か所だけの受診で、内科など他の科で向精神薬を処方された人を除いた2555人の処方量や処方内容を審査した。
[PR]

  by mousavian | 2010-09-04 13:16

子宮頸がんワクチンの危険性

昨今話題となっているワクチンのひとつに、「子宮頸がんワクチン」があります。

テレビや新聞の情報を見ているだけでは、想像できないかもしれませんが、このワクチンは、予備知識なしで、気軽に接種してよいものではないようです。しかし、一般には広く、「子宮頸がんを100%予防できるワクチン」のようなイメージで宣伝されています。

すべてのワクチン接種には、死亡例を含む副反応があります。
それは、この子宮頸がんワクチンにおいても、例外ではありません。

本来、人の命を守る役目を担うはずの製薬会社、医療機関および政府が、接種を考慮するのに必要な情報をわかりやすく国民に提供せず、良い面ばかりを伝えています。こういった社会の風潮に警鐘をならす想いで、言及することにしました。

「子宮」という言葉を聞いて、ともすると、この話は自分には関係ないと思われた男性もいるかもしれません。しかし、世界の動きをみていると、どうもそうは言ってられなさそうです。

特に最近のアジュバンド(免疫賦活剤または免疫増強剤)を添加した各種の新型ワクチンがもたらす人体への長期的な影響については、いまだ実験段階にあり、不妊症を引き起こす可能性が、ささやかれています。

子宮頸がんワクチンも例外ではありません。大げさに聞こえるかもしれませんが、ワクチンは、もはや人類の存続問題としてみたほうがいいでしょう。

http://www.thinker-japan.com/hpv_vaccine.html

More
[PR]

  by mousavian | 2010-07-13 18:39

インフォメーション

1)地方議会陳情・請願情報
7月7日、「共同親権法制化を求める陳情書」が西宮市議会において全会一致で
採択され、国に対して「共同親権法制化を求める意見書」が提出されました。 
地方議会からの、面会交流や共同親権の法制化を求める意見書の提出は12番目です。
現在、横浜市、東村山市、昭島市、大阪市、宝塚市で陳情が継続審議されています。

2)各党マニフェストに親権・面会交流の規定なし
衆議院議員選挙を控え、各党がマニフェストを公表しましたが、民法関連では、
公明党、共産党、社民党が別姓の実現、300日問題についての民法改正に触れたものの、親権・面会交流の問題について触れた政党はなかった(これまで一度もマニフェストに登場したことがない)。民主党は別姓問題について過去政策集で触れてきて、「育ち育む“応援”プラン」で面会交流について触れたこともあったが、今回のマニフェストではそれらについて触れていない。

3)絵本『たいせつなもの』 読んでください
長野県上田市のなるさわまちこさんが絵本を出しました。2年前に夫を亡くし、現在9人の子どもたちと暮らすお母さん。夫の死後1年たち、なるさわさんの妹さんが亡くなりました。父親のもとにいた妹さんの2人の子どもたちは、お母さんに会うことがなかなかできませんでした。そんな子どもたちへのメッセージのこもった絵本です(税込み700円、自費出版)。
お問い合わせ=クリエイトヒザワ書店TEL0268-42-3718、ほっかほっか亭丸子店TEL0268-43-8722
[PR]

  by mousavian | 2009-08-20 14:13

地村保さんの抗議文

「地村保さんが、加藤氏に怒りの抗議文」http://www.interq.or.jp/power/masumoto/ms.html

 7月10日、拉致被害者で帰国した地村保志・富貴江さんの実父・義父に当たる地村保さんが、加藤紘一議員の「国家と国家の約束だから、(5人を北に返した方が)よかった」との7月7日の発言に対し、同氏に「拉致被害者の一家族より」とする抗議文をFAXで送付した。「何度も電話したが出なかったのでFAXした」とのことである。原文をそのまま掲載します。

-本当に腹が立つ-地村保さんが加藤紘一議員に怒りの抗議文
北朝鮮の工作員並の加藤紘一の発言に抗議します。

私は北朝鮮に拉致された家族の一人ですが、貴殿の発言は、日本人として、又拉致被害者(家族の)一人として抗議します。

貴殿はそれでも日本人かと言いたい。貴殿は日本国民を代表する国会議員で有る。

北朝鮮の手先の様な帰国した5人を「北に戻した方がよかった」との発言に、二十四年間も北朝鮮に拉致され帰国した息子達を羽田に出迎えに行き、控室で栄養失調寸前の息子達を見て、親として、一時帰国にしろ、北朝鮮には絶対返してはならないと、親としては本人たちが帰ると云っても、親としては絶対に北朝鮮に返さないと心に誓い、息子達にも言聞かせましたし、自分達も北朝鮮には本当は帰り度くないと涙して悩んで居た様子でした。

帰国して六年に成る今日、返さなくてよかったとほっとして居る今日此頃ですが、然し未だ拉致被害者が北朝鮮に残されて居ります。

其の被害者の皆様の帰国を一日でも早く、又拉致問題の全面解決の為に今迄以上に頑張ってほしいと思って居る今日、貴殿の様な発言は、本当に腹が立ちます。

貴殿の様な発言は、日本の国の恥曝しと思って居ります。貴殿は日本人では無く、北朝鮮の工作員以上の人間と思って居ります。早く北朝鮮へ帰ったらよいと思ふ。北朝鮮では日本国以上大事にしてくれると思ひます。



七月十日
加藤紘一殿
拉致被害者の一家族より

「日朝国交正常化推進議員連盟」の方々
[PR]

  by mousavian | 2008-07-13 12:07

米国は拉致問題を忘れない

Excite エキサイト : 社会ニュース


f0163079_11455642.jpgシーファー駐日米大使(右)と面会する横田滋さん、早紀江さん夫妻=2日午後、東京都港区

米国市民でもない横田さんに対して、この気の使いようはなんなのだろう。反金正日プロパガンダをしてくれる重要人物だからからだろうか。

横田めぐみさん=失跡当時(13)=の父横田滋さん(75)ら、北朝鮮による拉致被害者の家族は2日、シーファー駐日米大使と東京都港区の公邸で面会した。大使は「米国は拉致問題を忘れない」とのブッシュ大統領のメッセージを伝え、北朝鮮のテロ支援国家指定解除に理解を求めた。面会は大使の提案で実現。北朝鮮の核計画申告を評価しつつも「拉致問題も解決を求めていく。全力で日本に協力する」とした。

横田めぐみさんの安否は本当に不明なのだろうか?? 母親としてはそれが一番心配なのだから、自分の行動が娘の安全を脅かすことにならないかと常に心配するはずではないだろうか? 政治的な発言・行動ができる背景として、安否いずれにせよ自分の行動が娘に影響を及ぼさないという確信があるのではないかと思うのですが・・ もし亡くなっているという確実な情報があったとすれば、遺された孫娘のヘギョンさんにはどうしても会いたいはずだと思うのですが・・ 会おうとしない本当の理由を知りたいです。

拉致家族の願いは拉致された家族が日本へ帰ってくることが第一で、金正日体制がどうなろうと家族さえ無事に帰ってくればよいはずです。拉致を指示した金正日憎しの感情はわかりますが、一国の運命までどうこうしようというのはやりすぎでは?と思ってしまいます。「日朝国交正常化をどーしても阻止したい(そうなると悪事がバレてしまう?)」人々に利用されているような気がするのですが・・

ステレオタイプではない、北朝鮮の実状をどんどん取材しようという勇気あるマスコミ、ジャーナリストはいないのだろうか!
[PR]

  by mousavian | 2008-07-09 11:49

幸田シャーミン

Excite エキサイト : 社会ニュース

<幸田シャーミンさん>「国連上司がパワハラ」と申し立て [ 06月08日 02時31分 ]

 元ニュースキャスターで、東京の国連広報センター所長だった幸田シャーミンさん(52)が在職中「本部の広報局(ニューヨーク)の上司からパワーハラスメント(権力や地位を利用した嫌がらせ)を受けた」と、国連の人事管理室に申し立てを行ったことが7日分かった。幸田さん自身が明らかにした。幸田さんは任期満了に伴い2日に辞職している。

 申し立てなどによると、幸田さんは06年4月に所長に就任。同年9月にセンター内の不適切な経理に気付き上司に報告、監査を要求した。内部監査は07年8月に入ったが、上司は幸田さんが監査を求めた翌月に「監査が必要とは思われない」と上層部に報告していたという。

 一方、同年1月には幸田さんの管理能力を問う告発状がスタッフらから本部広報局に届き、8月にこれを受けた審査委員会が幸田さんを調査。その際、調査内容や目的が告げられず、また審査委の結果が不正経理の監査報告書案に引用され、幸田さんの配置転換を求める内容が含まれていたという。

 経理問題は監査の結果、約313万円の不適切な会計処理があったと確認された。幸田さんは「追及がきっかけで、私を辞めさせようとする圧力が高まった。臭い物にふたをする姿勢は許し難い」と訴えている。

 国連広報局の赤阪清隆局長は「申し立ての内容は承知しておらず、調査して検討したい」と述べたうえで「この上司は信頼が厚くパワーハラスメントはあり得ず、むしろ我々は幸田さんを支えようとしていただけに残念だ」と話している。【足立旬子】


幸田さんの言い分が本当ならば、不正を指摘された上司が逆襲して彼女を排除したことになりますね。赤松局長なる人物も、上司の側に立っているということ・・ そこまで影響力のある「パワー」のある人間を敵に回してしまったということなんでしょうね。 不正に気づいても何も言えないでいるうちに自分がやったことにさせられる、なんてことも十分ありえます。

 不正経理とかでなくてもこういうことはありがちと思います。私も同じ職場の女性から、事実無根の「人格攻撃」をされた経験があります。1年ぐらい後に彼女が人事課に対して書いた文書のコピーを偶然目にして、愕然としました。
f0163079_113451100.jpg
 国連とかだって、関係ないですね。シャーミン、がんばれっ

[PR]

  by mousavian | 2008-06-08 11:26

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE