カテゴリ:書庫( 6 )

 

母子家庭の支援

社会総合 - エキサイトニュース

 子どもを育てられなかった母親を非難してもはじまらない。児童相談所の怠慢のせいにしてもはじまらない。母親ひとりで生計を維持して子どもを育てるのは所詮、困難なことだし児童相談所の職員は第一に役人であって、子どもに関するプロでない人に期待して見当違いな努力をしてもらっても困る。

 母子家庭に支援が必要なのは、昔も今も変わらない。女性が外で働く仕事がなかった時代の母親たちは苛酷な内職仕事で子どもを食べさせていた。今のシングル・マザーたちは外で働いて内職よりは沢山のお金を稼ぐことができるが、そのあいだ子どもたちが取り残されてしまっている。

 母子家庭の支援は、母子手当てや養育費の強制徴収だけではない。子どもの生命の安全を守るためには、昼夜利用可能な保育園(学童保育も)を併設した母子寮が必要ではないだろうか。四半世紀も前に、外国から母子で帰国した友人がしばらく住んでいたのが、キリスト教関係のそういう施設だった。DVから逃げてきた人のため、男性からの電話は一切取り次ぎ不可だった。今は各地にDVシェルターが作られたようだが、育児支援が必要なのはDVケースに限ったことではない。

 シングルマザーの団体が、母子手当てや養育費についてのみアピールして公的な母子寮を作ってほしいという声が聞こえない理由はなんとなくわかる。彼女たちは自分たちの恋愛の自由が制限されるのを嫌っているのではないだろうか。

 幼児が犠牲になる悲惨な事件が続き、もはや事態は切迫している。シングルマザーの恋愛の是非を言っても仕方がない。母親がどんな仕事をしていようと、男遊びをしていようと、ホストクラブに通っていようとかまわない。昼夜関係なく母親がいないあいだ、子どもの命を守って健全に育てる施設が必要ではないか。

 24時間利用可能な保育園の費用は子どもの実父と折半で、保育園内での面会交流は無制限に自由とすれば、ある程度の「共同養育」が実現可能なのではないだろうか。

  ※母子寮と便宜的に書いていますが、母子に関しては緊急性を強く感じるためで、父子のケースであっても公的支援がされるのが理想だと思います。あとは、再婚が決まれば母子寮は出てしまうでしょうから、再婚後の虐待防止は別途考えなくてはなりません。


※母子生活支援施設とは  http://zenbokyou.jp/boshi/index.html

More
[PR]

  by mousavian | 2010-08-13 09:20 | 書庫

モハメッド・アリ

カシアス・クレイという名で世界チャンピオンになった彼は1964年イスラム教に改宗・改名してベトナム戦争に反対を表明、1967年、ベトナム戦争中に徴兵拒否をして5年の懲役刑になりました。(法廷闘争をして71年最高裁で無罪)

戦時の徴兵拒否という、戦争に行くよりも勇気のいる行動をした彼は「反戦・平和主義者」だったのでしょうか・・ 当時フラワーチルドレンという麻薬常用の人たちが大発生して反戦・厭戦行動をしていましたが、アリが彼らと同じ考えだったとは到底思えません。

アリの徴兵拒否の経緯を詳しく書いたものを見つけることができないのですが、どこかで「遠いベトナムに行って見も知らないアジア人を殺す気になれなかった」と言ったという記述を見た覚えがあります。それなら白人平和主義者も同じようなものかもしれませんが・・

私の独断ではありますが、アリは天性の「誇り高き戦士」だと思います。世界最強の戦士が戦うべきではない相手を殺すことを自分に許せなかったのだ、と思うのです。アメリカは彼の先祖を拉致売買して使役した国であるのに、星条旗に忠誠を誓わせて他民族との戦いに駆りだそうとした。誇りある人間にとっては許せない「欺瞞」なのではないでしょうか?
f0163079_9231242.jpg
アリに守るべき「祖国」や「部族」がもしあったなら、喜んで戦いに赴いただろうと私は思います。しかし・・無かったのです。彼の「誇り」は終生満たされることがないでしょう、悲しいことです。

それにひきかえ、日本人はひとつの国にまとまって住んで130年も内戦を起こさず、民族統合の象徴である皇室まで持っている、世界でも珍しいシヤーワセな人たちなのではないか、そして世界中から羨まれて破壊されようとしているのではないか、と今にして思いました。
[PR]

  by mousavian | 2010-07-29 06:39 | 書庫

強制No!は君が代だけ?

週間金曜日2009年3月27日の広告に「教育があぶない2009 君が代強制にNo!」とあった。では、君が代さえ強制されなければそれで良いのかと逆に聞いてみたくなる。

学校教育に限らず、日本人は問答無用の「強制」に慣らされすぎだと私は思う。「どうして?」という疑問を発することさえ許されない。

外国人の夫と日本に住んでいて、些細なことで「どうして?」と聞かれたり、「日本はなぜこうなんだ」などと言われると複雑な気分で不愉快になることも多かった。だって私はこういう国で×十年も耐えて生きてきたのだ。たかだか数年のオマエに文句を言われたくないし、だいたい私の責任ではないのだ!

ちなみにイスラム共和国イランで、お祈りや断食を強制されることはありませんでした。家族の中でするしないが別れているのも普通だし、お祈りは誰かと一緒にすることではないのです。あくまでも個人の意志でやることで、そういうところは気持ちがよかったです。

そして・・「どうして?」という意味の「チェラ?」は頻繁に会話の中で飛び交うのです。チェラ?を聞く度に私は内心で「チッ」(イラン人がよくやる否定のサイン)と舌打ちをするのです。この国では許されている疑問の表現を母国では抑圧され、「理屈っぽい」と責められていた悔しさに・・

「どうしてもイヤだ」とか「なぜやらなくちゃいけないの?」という意志や疑問に対して、「ではなぜイヤなのか」聞いてくれたり、「なぜやる必要があるのか」説明したり話し合う、そういう時間と手間を惜しまない人々の中で私は生きていたかった。幸いにして家族内では「理屈をこねる」ことが許されていたけれど、そういうのは「変わったウチ」だったようです。

話し合う時間と手間を惜しむというのは、「愛がない」ということだと思う。
日本の教育はとっくの昔からあぶないです。

More
[PR]

  by mousavian | 2010-07-29 06:13 | 書庫

マッカーサーチルドレンと年金問題

47年も昔の話ですが60年安保はすごく盛り上がったのに、その後安保反対の声が聞かれなくなってしまったのをずっと不思議に思っていました。その答えは・・世代の違いだったのではないでしょうか・・ 60年安保当時の青年層は戦中派で、鬼畜米英(正しい指摘だったと思う)と教えられて育った人たちが、安保反対・日本独立を叫ぶのは当たり前といえば当たり前・・ 現在は70才以上になってる人たちと思います。

ところが、昭和20年代にコドモだった人たちとなると、そこが全然違うわけですね。進駐軍・マッカーサー様の下でアメリカえらい、正義の味方、チョコレートくれる、と刷り込まれてしまったのではないでしょうか・・ それが今でも尾を引いてるんじゃないかと思うわけです。右はぽち保守、左は護憲サヨクとして両方ともそれ以外にはないというカルト的思考停止に陥っているところが共通です。焼け跡・食糧難の時代に子どもだった、つまりは非常にマインドコントロールされやすい状況で、当時は無理もなかったと思います。マッカーサーチルドレンと言ってよいと思います。

昭和30年代に子どもだった・・進駐軍を知らない世代になるとまた違っています。朝日岩波系文化人に思想コントロールされて、サヨク洗脳される人はいても前の世代のぽち保守のような、「アメリカに見捨てられたら生きていけない」恐怖感などは持っていないと思うのです。安倍首相、副島隆彦、小林よしのり・・同世代だと思います。

マッカーサーチルドレン・・ 民主党は小沢さんも菅さんも当てはまってしまいす。(昭和18年生まれと21年生まれ)ニュースキャスターでいうと久米宏(19年)鳥越俊太郎(15年)、田原総一郎と筑紫哲也は終戦時に10才ぐらいなんですが、ひょっとしたら当てはまってるのかもしれません。昭和7年生まれでグラマン(米戦闘機)に機銃掃射で追いかけられた経験があるという石原都知事とは、年は近くても全然違う感じがします。

櫻井良子さんは昭和20年生まれですが、ベトナム生まれですから年代論に当てはまるかどうかわかりません。小泉元首相(17年生まれ)を忘れていました。ど真ん中、アメリカ追従したわけです。

昭和20年代に子どもだった方たちは、そろそろ年金受給に差しかかっています。乱暴な年代論ですから、家庭環境などの個人差はもちろんありますが思い切って言わせていただければ、この方たちは年金問題に頭を集中していただいて、政治や評論などからは遠ざかっていただければ非常によいのではないか、と思います。私個人は、安倍首相や小池百合子氏などの方々に思考停止を起こさない世代として、期待したいです。
[PR]

  by mousavian | 2010-07-13 09:11 | 書庫

アリ・ダエイと親切な日本人

 アリ・ダエイは、代表通算109得点の世界記録を持つイラン・サッカーの英雄です。2007年の5月28日に現役引退しました。f0163079_921834.jpg

 ダエイ語録 だそうです。

・「アジア最高のDFは誰が何と言おうと井原。
  彼とはサッカーの試合中なのにレスリングまでしたんだよ(笑」
・(一番好きな国を尋ねられて)
 「日本だ(即答)。アジア大会でヒザに大怪我を負って、広島の病院で失意に暮れていた時、 ドクターとナースはもとより、日本のファンが花束や紙細工(恐らく鶴の折り紙)を持ってきて 私を励ましてくれたんだ。外国であんな想いをしたのはそれが最初で最後だ。」
・(自身がデザインしたイラン代表のユニフォームについて)
 「だってア○ィダスやプー○のユニフォームってカッコ悪いだろ?
  それより見てくれ、私のデザインを」
・(日本に敗れ、プレーオフに回ってことについて)
 「対策?ないよ。それとも今度は私が車椅子に乗ってくることを期待してるのかい?」


 日本人は敵方であっても技術や個性のある選手は評価するし、愛情さえ持つことができるのだと思います。ナショナルチーム前監督のオシム氏は、東京オリンピックの時に日本人から受けた親切を忘れず、日本人にサッカーを教えたいと報酬や自身の名声を度外視してコーチとして千葉に来た人なんだそうです。ナショナルチーム監督として高給を約束されて来た人ではないのです。

 日本人の示す「無償の好意や親切」をオシム氏のようにこの世に稀なるものとして、いつまでも覚えているばかりか「恩返し」までしようとしてくれる外国人がどれだけいるでしょうか・・ 日本人の中に見返りをとくに求めず親切にしてくれる人がいることを知ると、「おバカさん」となめてかかって「利用」しようとする外国人が沢山いると思いますから・・

 TVに出てくる外国人タレントの中に「あなたたちはお人好しなんだから、気をつけなさい」と言ってくれる人いますか?全員がそれをよく知っているはずなのに・・それどころか日本人おかしいと非難することをメシのたねにしている外国人が沢山います。悪口を言われて喜んで見てる側も超おかしいし、お人好しの極致でしょう。

 北朝鮮による拉致問題が連日報道されている最中に、ワールドカップの予選で北朝鮮チームが来たことがありました。試合は日本の勝ちだったと思いますが、まことに平穏無事に試合が行われたらしいです。政治とスポーツは別、なんでも話し合いで解決しましょうなんていう日本人の「フェアプレー精神」が相手側に通じているわけなんかないでしょう。大人しければ「日本人民は我が国の威勢に屈した」などと言ってるに違いないと思うと悔しくて。。

 日本人の善意を受け取れるハートを持ってる外国人になら、いくらでも親切にしてかまわないと思います。だけど、その見分けが超難しい・・だって心ある外国人なら現状を知って「日本人、お人好しすぎて「おかしい」よ、これからどうなるかわかってんの??」と叫びたくなるでしょうから・・ビル・トッテン氏は日本人のことを思って本当のことを書いてしまったために、(「銀行は強盗、外資はハイエナ」という本を書いてます)母国アメリカから要注意人物視されてしまったそうですが・・

 日本人にけっこう好かれてるようなアリ・ダエイ氏がどんな人なのか私には全然、わからないです。疑いの目を持たずに外国人を好きになる、ようなことは今はもうできそうもありませんが、かつては私もそうでした。

 そんなわけで・・ 外国人参政権に反対です。
[PR]

  by mousavian | 2010-05-17 18:20 | 書庫

よど号事件

よど号の乗っ取りは1970年のことですから45才以上の人でなければ記憶に残ってはいないでしょう。

北朝鮮に行ってからのよど号グループのことを書いた「宿命」という本を手に入れて500ページを一気に読んでしまいました。思うところはいろいろあるのですが、よど号と拉致事件との関係は有本恵子さん以外にも大いにあると思うのです。あのとき、日本政府が必死になってよど号の北朝鮮行きを止めていたら・・ そのあとのことは変わっていたと思うのです。せっかく金浦空港に足止めしておきながら、山村政務次官と人質を交換しただけで成果を上げたかのように考え、犯人らを国交のない国に先の展望もないままにまるで厄介払いでもするかのように送りこんだまま、その後38年間も放置していることです。

9人で行った犯人たちのために、北朝鮮は8人の日本人女性を妻として連れていって生まれた子供が20人。それに合流した二人とその子どもを入れると40人のよど号グループを北朝鮮は長年面倒を見てきたことになります。調べてみると、すでに妻子の大半は帰国を果たしているのですがこのことにも大きな問題はあります。

拉致なんてした北朝鮮はもちろんひどいですが、この国日本はどうなのでしょう。あまりの無責任さに北朝鮮のほうが呆れて、よど号の妻子達を次々に返してきたのかもしれません。よど号に限らず日本という国は外国に帰国したくても帰れない自国民がいても、助けようともしない国なのでしょう。だとしたらそれとは事情の違う「拉致被害者」たちだって本気で取り戻す気がない、と考えられても仕方ないのかもしれません。

よど号家族や拉致被害者たち帰国者たちの生活はどうなのでしょう。この本を読むと日本に帰ってきたからといって、到底心休まるようなことはないだろうと思うからです。北朝鮮と日本の両側から常に監視されているでしょうから・・(ジェンキンス氏は3ヶ国?) 日本と北朝鮮の関係が北朝鮮優位になってしまったら、彼らは工作員として働かされるでしょう。彼らを本当の「日本国民」にするには、日本国政府の頑張りが不可欠と思いますが今の有様ではとても・・

日本国民は戦後60年頑張って経済発展してきたのにこういう情けない政府しか持てず、老後の頼りの年金を泥棒までされているのです。日本人に生まれてよかったとは言いにくくなりました。
[PR]

  by mousavian | 2009-03-06 23:23 | 書庫

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE