<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

Q&A

Q1.会わせたくない親がいる。A.子どもにとってはどちらも親です。一人の子どもが分けられない以上、親どうしが別れれば、どちらかの親が見なければなりません。子どもを引き受けた以上、離れて暮らす親と子どもを会わせるのが、子どもを見ている親の責任だと思います。

Q2.会いたいという親がDV加害者のときは?
A.そういう場合は、当事者どうしでやりとりするのはかえって危険です。逆に、会わせないことによる別居親の怒りや憎悪、失望がどこに向かうのか、実際に事件も起きています【DV法改正時の徳島の事例、2008年1月の宇都宮の事例、5月の杉並の事例】。それを考えると、きちんと会わせるルールや基準が必要だし、会わせる場合には、場所や仲介など支援体制が必要だと思います。
 それにDV加害者が、子どもに暴力を振るっていたとは限りませんし、DV被害者でも会わせたいと思う親はいます。そういった親に対するサポートもないのです。これでは子どもの奪い合いを加熱だけで問題の解決にはなりません。

Q3.「親子の引き離し」が人権侵害で虐待というのは?
A.子どもと引き離されたことによる別居親の精神的な打撃は相当なものです。心的外傷後ストレス障害(PTSD)や、失業、自殺等さまざまな問題を別居親に引き起こし、子どもとの関係が深かった親ほど苦しみは続きます。
 また、子どもにとっては、離婚はとてもショックなできごとです。激しい怒りや抑うつ、集中力の欠如に起因する学習遅滞、暴力や非行等の問題行動が生じるとされています【データ】。片方の親から引き離されるということは、離婚という悲しいできごとを乗り越えるのに、けしてプラスになりません【データ】。親どうしは別れたけれど、ちゃんと2人ともあなたたちのことを見ているからねと、親は子どもに証明してみせる必要があります。親に会えない期間が長ければ長いほど、親子それぞれに与える影響は大きいと思います。
 海外では子どもの愛着の対象である親を引き離すのは、それだけで虐待とされています【引用】。

Q4.法律でわざわざ決めることでしょうか?
A.現実には、現在の法律によって親子が離れ離れにされているという実態があります【データ】。調停して約束を交わしても会えない親子がたくさんいます。法律で決めないでどうやって会えというんでしょうか。
 たしかに現行法でも間接強制(損害賠償請求)によって同居親に面会の履行を促すことはできます。しかしこれは結局当事者どうしでの解決を促すというやりかたでしかありません。親子の面会交流は自然権であり、権利を保障するのは国の役目です。そうである以上、会う会わせないの決定権を同居親だけが持つことはおかしく、離婚しても離婚家庭の親子と同じように親子が交流するのが基本のはずです。そのためにもルールと法律は必要です。

Q5.こういう法律を作ったら、離婚してもいいということにならないでしょうか?
A.25万人も毎年離婚していて、不登校の人数よりも会えなくなる親子は多いのに、こういう状態を放置しているほうが問題だと思います。
 また現在の日本の民法では、子どもがいる家庭の場合、親権を定め、それを役所に出すだけで離婚することができます。共同親権の国では、子どもがいる家庭の場合、面会交流と養育費のことについて契約を交わし、それを裁判所に提出して法的拘束力を持たせなければ離婚できません。つまり、現在の日本の民法は、世界一離婚しやすい規定になっています。むしろ離婚後の親子関係のルールを定めることが、離婚後の親に、親としての自覚を持たせることになると思います。

More
[PR]

  by mousavian | 2008-12-27 00:40 | 離婚と子ども

「親子ネットNAGANO」代表・堤則昭さん

毎日新聞
2008年12月3日  地方版

人ふでがき:白馬村教委職員、「親子ネットNAGANO」代表・堤則昭さん /長野
 ◇子供の福祉考える--堤則昭さん(43)
 白馬村役場の教育委員会に勤務する傍ら、離婚によって両方の親に会えなくなってしまった子供の福祉を考える「親子ネットNAGANO」代表を務める。7月に設立した県内初の団体で、離婚した夫婦をカウンセリングし、子供が両親に会えるような環境づくりに取り組む。

 「離婚後、両親に会えている子供は少なく、脱毛や多動症など精神的な異常が表れやすく成長に悪影響をもたらす。別れても子育ては、両親で協力すべきだ」

 自身も07年8月に離婚を経験。親権を持つ別れた妻の元で子供2人は暮らしており、会えていない。

 日本の民法では離婚後の親権は、両親のどちらかだけに認める「単独親権制度」となっている。離婚調停や裁判になった際、親権者として、どちらがふさわしいかの判断では、その時点で一緒に暮らしていた方となっている。

 「離婚の日まで一緒に暮らしていれば経済力などが判断材料になるが、別居の末に離婚というケースが多い」と指摘し「親権が欲しいあまり、子供を連れ去ってかくまうといった事例も報告されている」と語った。

 親権者の意向次第で、子供をもう一方の親に会わせないことができるという。「親の都合で離婚することは仕方ないが、子供には関係ない。大好きな親から引き離される子供の不幸を考えてほしい」。自分自身の子供も、父親に会えない苦痛から精神的な脱毛症になってしまっているという。

 「欧米のような『共同親権制度』など、日本国内でも民法改正を求めて各種団体が動き始めている。自分たちも白馬村議会や周辺自治体への請願活動などを始めた」と先を見据える。【渡辺諒】

http://mainichi.jp/area/nagano/news/20081203ddlk20070075000c.html
[PR]

  by mousavian | 2008-12-23 00:48 | 報道記事

「平等な親権」法整備訴え 親子ネットNAGANOが学習会

信濃毎日新聞
「平等な親権」法整備訴え 親子ネットNAGANOが学習会
(2008年11月23日)

 離婚後に親権がなく、自分の子どもに会えなくなっている県内の親たちでつくる「親子ネットNAGANO」が22日、体験などを語り合う学習会を松本市Mウイングで初めて開いた。民法では離婚後にどちらか一方にしか親権を認めていないため、参加者は「どちらの親にも平等に親権を認めてほしい」と法の整備などを訴えた。

 親権のない親たちら16人が参加。子どもと会う面接交渉が法律上明文化されていない問題や、長期間会えないことで子や親権のない親への精神的な影響を専門家や臨床心理士が話した。

 その後、参加者が自身の例を発表。長野市の男性(44)は、離婚時の裁判で月1回の面会に合意したにもかかわらず、前妻に断られて2人の子どもに2年半近く会えなくなっている状況を説明。「会いたいと言い続けることで、子どもにプレッシャーを与えてしまわないか不安」と漏らした。また、夫から暴力を受け、1人で実家に帰って以来、子どもに会えなくなっている千葉県の女性(31)は「突然、会えなくなり、子どもも困惑している」と話した。

 同会は今後、月1回のペースで学習会を開く予定。代表の堤則昭さん(43)=北安曇郡白馬村=は「当事者同士が問題を共有し、交流することから始めたい」としている。

URL:http://www.shinshu-liveon.jp/www/topics/node_95209

毎日新聞 2008年11月29日 地方版
[PR]

  by mousavian | 2008-12-23 00:48 | 報道記事

日弁連シンポ:「別居親と定期的交流を」

シンポ:「別居親と定期的交流を」 離婚後の親子の面会考える--日弁連 /東京
 ◇法整備の必要性訴え
 離婚後の親子の面会交流の問題を考える日本弁護士連合会主催のシンポジウム「子どもの最善の利益を考える」が15日、千代田区で開かれた。弁護士や問題に直面している当事者ら約150人が出席。パネリストたちは「子どもの健全な成長には別居している親との定期的な交流が必要」と指摘し、法整備の必要性を訴えた。

 パネリストの臨床心理士、小田切紀子・東京国際大教授によると、子どもは一緒に住んでいる親に忠誠心を抱き、別居している親を表面上悪く言う傾向がある。小田切教授は「交流がない子どもは罪悪感や葛藤(かっとう)を抱えて成長する」と指摘した。

 家庭裁判所の運用上の問題点や法の不備を指摘する声も。中央大法科大学院の棚瀬孝雄教授(民法)によると、「当事者間(親同士)に葛藤がある」として家裁が面会を認めないケースが目立つ。棚瀬教授は「離婚したカップルに葛藤があるのは当たり前。面会を認めないと葛藤がより大きくなる」と家裁を批判。さらに「面会交流権を定めていない単独親権制度が問題」と述べた。【川崎桂吾】

〔都内版〕

毎日新聞 2008年11月16日 地方版http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20081116ddlk13040130000c.html

しんぶん赤旗 11月23日
[PR]

  by mousavian | 2008-12-23 00:36 | 報道記事

イラン後遺症

今から思うと、イランへ出発する前の一ヶ月ぐらいは頭が冴えていたかな~と思う。親子ネットのミーティングで書記をやったり、mixiや自分のブログに記事をアップしたり、英語のメールをやりとりしつつ・・ 日本のパスポート更新は住民登録(それまで隠れ住んでいました)から始め、運転免許も更新し、難関だったイランのパスポートを取り、旅行の準備も自力でやり終え、滞りなく出発した。。と、私にしては超上出来だったのです。

イラン滞在中も娘の助けを得て、一年10ヶ月ぶりでその間全く勉強もしていなかったにもかかわらず、ペルシャ語が以前よりわかるようになっているという評価(と警戒感)を頂きました。この点だけでも、まずまずの成果です。

ところが帰国した今の症状は・・ダメダメです。

特に言語能力がおかしいです。日本語は話せますが単語が出てこないし、文章を読んでも内容の把握ができなくなりました。英語に至ってはもともと大したことありませんが、会話・読解ともに全滅状態であることが判明しました。

二週間、ペルシャ語だけで生活したので(日本語は電話の時だけ、英語は半日弱の使用)脳みそがペルシャ語に侵されてなかなか出ていかないようです。何かしようとするときに突然ペルシャ語が浮かんできたりします。上達のためには(英語は犠牲にして)このままにしておいたほうがいいかと思います。

その上、5時間半遅れでイランで生活している娘のことと、イラン対策で心ここにあらず状態です。

親子ネットの合宿でも寝てばかりいたのに役目を仰せつかってしまいました。このまま治らないかもしれないので、リコール・首切りは遠慮なくお願いします。
[PR]

  by mousavian | 2008-12-16 11:48 | イランで共同養育をめざす

韓国の離婚相談制度

12月10日「離婚と子どもの最善の利益」-韓国の離婚相談制度ー
セミナー概要報告

※レジュメがないうえに、話のペースが速く、かつ韓国の方の日本語のため、一部に不明確な部分があることをご了承ください。

○講師 宋 賢鐘氏

 ソウル家庭法院(日本の家庭裁判所と同様の権能。)調査官(日本での主席調査官レベル。)
 家事少年制度改革委員会専門委員
 2008年9月より日本の家庭裁判所で調査官研修。

○韓国の離婚制度

 ・韓国の離婚率は米、英についで世界第3位。非常に高い。
 ・1971年以前は、男性中心の離婚制度だった。
 ・最近、戸籍制度を廃止した。
 ・協議離婚と裁判所離婚(調停離婚・訴訟離婚)があるが、日本と異なり、協議離婚にも裁判所が関与。
 ・2008年6月、現在の離婚制度を施行。
  その背景として、従前の男女差別の廃止(戸主制度廃止)、離婚についての社会認識の変化と離婚急増、離婚による子どもへの影響についての考慮の必要、離婚後母子家庭の貧困及び子の養育の困難など。
 ・協議離婚手順と離婚相談制度(2008年6月22日~)
 離婚申立→離婚ガイダンス→熟慮期間(未成年の子が有る場合 3ヶ月、無い場合 1ヶ月)→専門家相談→離婚協議書作成・提出→裁判所で離婚意志の確認
 ・専門家による離婚相談
  離婚について相談・子どもの福祉や教育についての相談・調停(調整)機能


○今回のセミナーは、現在の韓国の離婚制度の解説が主であり、我々の知りたい面接交渉や親権についてはあまり言及されなかったのは残念だった。最低限の事項について講師に直接質問した。

 ①面接交渉の現状はどうか。
   定期的に面接交渉有り     9.8%、
   連絡や交流等が全くない    47.8%    (2006年)

 ②面接交渉実施のための強制力はあるか。
  ・離婚協議書に面接交渉の実施の記載が必須。
  ・面接を拒否する看護親に裁判所が命令を出す。拒否看護親が勾留されたケースがある。(しかし、講師は日本でも面接拒否に対して「強制的命令」を出せると勘違いしているので、この部分は事実確認必要。)

 ③そうすると、もっと(2006年の数字より)面接交渉の状況が改善するのではないか。
  ・必ずしもそうではない。社会的雰囲気がそうなっていない。(この部分は事実確認必要。)

 ④韓国では離婚後の親権は、共同親権か。
  ・法的には共同親権とも解釈できるが、米国のような共同親権ではない。最高裁の判例もない。(2度質問したが、同じ回答であった。各種のホームページ・ブログを調べたが韓国が単独親権としているもの、共同親権としているものの両方があった。ごく最近の共同親権化か?この部分は事実確認必要。)
  ・韓国では、離婚後、9割は、子は母と生活。

 ④日本では親権争いが激烈だが、韓国ではどうか。
  ・韓国も非常に激しい。(ということは韓国は単独親権か?あるいは、共同親権化がごく最近で、講師はそのことを知らないのか?)

 ⑤非看護親との面接交渉と「子どもの最善の利益」についてどう考えているか。
  ・韓国では、非看護親との面接交渉と「子どもの最善の利益」との関係を、欧米のようには考えていない。
  ・しかし、子どもの福祉のために、協議離婚にも国の関与が必要と考えている。


※日本の離婚制度を類似の点が多いが、熟慮期間制度及び今回のテーマである相談制度は特徴的。
 韓国は、高い離婚率を背景にしてか、日本に比べて離婚制度改革に、より熱心に取り組んでいる印象を持った。
[PR]

  by mousavian | 2008-12-12 17:24 | 離婚と子ども

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE