<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

NHK「視点論点」

NHK「視点論点」のHP
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/17953.html#more

2009年03月19日 (木) 視点・論点 「会えないパパ 会えないママ」
弁護士 田中早苗

 平成19年の人口動態統計によると、離婚件数は、1年間で約25万5000件。そのうち未成年者のいる割合は57%。約24万5000人以上の子どもが親の離婚に巻き込まれています。
 両親の離婚に直面した子ども、特に幼いこどもは、「なぜ、パパやママと分かれて住まわなければならないの」、「なぜ、ママは働きにいくようになったの」、「なぜ、ママは遅くまで働くようになったの」、「なぜ、パパは会いに来てくれないの」など様々な葛藤を抱えています。
両親から子どもに離婚の理由を説明することはあまりなく、子どもにとっては、両親が離婚したのは、自分が親のいうことを聞かなかったからだなどと自分のせいにしがちです。
したがって、子どもには、たとえ、離婚したとしても、両親は子どもを愛していることには変わりなく、いつでも連絡がとれ、会いたいときには会え、離婚は決して子どもの責任ではないことを伝えることが重要です。
しかし、日本では、現実には、一緒に生活をしていない親とは疎遠になりがちです。

その原因の一つに単独親権制度があげられます。日本では、未成年の子どもがいる夫婦が離婚する場合、父又は母のどちらかを親権者に決めなければならないのです。
通常は、親権者となった親が、子どもと一緒に暮らし、生活の面倒をみることになります。他方、親権者にならなかった親は、養育費を支払ったり、子どもと面会をすることになります。しかし、日本では離婚のうちおよそ90%が協議離婚で、養育費の支払や面接交渉についての取り決めをしないことも多く、同居しない親は子どもと疎遠になりがちです。
また、仮に、裁判所の手続きで離婚し、取り決めをしても養育費を支払わず、面会しないことも少なくありません。親権はなくても親として子どもに対する責任がありますが、子どもと面会しないことによって、親としての責任感も薄れがちになります。
反対に、離婚後も、同居していない親が子どもとの面会を強く望んだとしても、日本では同居している親の協力と理解が得られない限り子どもとの面会が実現できません。そのため、どちらが親権を獲得するのか、熾烈な争いが繰り広げられます。また、いったん親権が決まっても両者の関係に修復できがたい亀裂が生じ、子どもに悪影響を与えかねません。
また、親権の問題は、離婚や慰謝料、財産分与の協議と一緒になされるので、「親権を譲る代りに慰謝料を請求するな」など、子どもの問題を金銭交渉の材料とする当事者もいるのです。


にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

More
[PR]

  by mousavian | 2009-04-08 20:07 | 報道記事

Kさん親子の面会謝絶審判を問う4・26集会

家裁いいかげんにしろ!
 ■Kさん親子の面会謝絶審判を問う4・26集会■

Kさん(41歳)は、2007年9月に別居後、2008年3月に離婚。当時3歳の息子の親権者は母親となりました。婚姻中、Kさん父子は仲がよく普通の親子として過ごしてきました。しかし、その後母親はKさんに会ったり考えたりすると、母親自身が体調を崩すということを理由にKさんと子どもとの面会を拒否しました。Kさんは母親と会うことを求めているわけではないのです。子どもへの虐待があるわけでもありません。現在に至るまで1年半もの間、子どもとは会えないままです。
別居時の調停中、裁判所からKさんは、母親が主張した母親自身の精神的な病状について、「離婚すれば落ち着くのではないか」、だから離婚してから子どもとの面会交流を決めればよいとアドバイスされました。しかし今年、2009年3月3日、さいたま家裁茂木典子審判官は、やはり母親の病状を理由に、Kさん親子の面会を認めず、父子の交流は1年間にたった3回の母親からの写真の送付だけでよいという、不誠実な決定を出しました。
Kさん親子の交流を実現するため、支援集会を行います。ぜひ参加してください。

■ 日時 4月26日(日)13:00~15:30

■ 内容 講演 宗 哲朗(弁護士、1999年静岡地裁浜松支部で面接交渉を拒否さ
れた父親の500万円の慰謝料請求を認めたときの 裁判官)
            「Kさん事件と面接交渉調停のこれまでとこれから」

      発言 植野 史(調停中に子どもを面会させ会えなくなった母親)
          冨田志門(仮名、埼玉家裁で子どもとの親権をめぐって係争中 の父親)
          他

■ 場所 一橋大学東キャンパス一号館1203教室
       (国立駅下車大学通りを徒歩10分)

■ 資料代 500円

■ 主催 写真で情は移らない! Kさん親子の面会謝絶審判を問う会
      & 一橋マーキュリー

□ 連絡先 042-574-0930(宗像)
        toukaikariya@yahoo.co.jp


にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

  by mousavian | 2009-04-06 23:19 | 法曹界

父親の役割とは?

対談「父親の役割とは?」 出演:アルド・ナウリ、牧陽子

4月17日(金)19:00~
東京日仏学院エスパスイマージュ (飯田橋駅から市ヶ谷に向けて徒歩10分弱お堀端の高台にあります。)

 協力:在外フランス人会議、九州日仏学院

※小児科医アルド・ナウリはフランス医学界の第一線で活躍し、両親と子どもの関係について、それから家庭内部における関係について研究しています。朝日新聞のジャーナリスト、牧陽子は長くパリに滞在し、2008年明石書店から「産める国フランスの子育て事情-出生率はなぜ高いのか」を出版しています。


人気ブログランキングへ
[PR]

  by mousavian | 2009-04-06 13:41 | 離婚と子ども

埼玉家裁の親子面会謝絶審判に抗議!

2009年3月3日、さいたま家裁茂木典子審判官は、
離婚後の面会交流を求めていたKさんの訴えを退け、
年にたった3度の子どもの写真の受け取りだけを認めた。

Kさん親子の父子関係を事実上絶ったのだ。

人権を守るべき裁判所が、実の子との交流を求めているに過ぎない親に対し、
子どもとの交流を断絶させ、人権を踏みにじる。

何より、裁判所は離婚時に、
「離婚すれば母親も落ち着くのではないか」
とKさんを説得し、親権を譲らせた。
私たちはこの裁判所の非人道的で破廉恥な決定に断固抗議する。

この決定によって、裁判所がKさんの子どもから父親を奪った。
そのことが子どもの成長にとってよいとでも裁判所は考えているのだろうか。
Kさんは、自身が「体調を崩してしまう」ことを主張する元妻と会うことを求めてはいない。
子どもと会うことを求めているに過ぎない。

第三者に協力してもらうなど、父子の面会を実現させる方法などいくらでもある。
何より「年3回写真を送る」という行為は、間接的とはいえ「面接」などと毛頭呼べない。
Kさんは、「写真で子どもの様子を知る」ことではなく、「子どもの成長にかかわる」ことを望んでいる。
Kさん父子の意味のある交流を考えることなど、裁判所はいくらでもできたはずだ。

今回のようなさいたま家裁の人権侵害が許されるのであれば、
別居親子の面会交流を法に基づいて認めてきた裁判所の存在など、百害あって一利もない。
裁判所は今回の恥知らずな決定を深く反省し、即刻この決定を取り消せ。
私たちはKさん親子の父子関係を取り
戻すことを、裁判所の責任で行うことを強く求める。
 
2009年3月30日
写真で情は移らない! Kさん親子の面会謝絶審判を問う会


■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

上記の声明に賛同いただける方は以下ご記入の上
下記にファックスかメールしてください


お名前(仮名も可)

肩書き

お名前はホームページ、チラシ等で公表し、裁判所に提出します。

★ 集約先 FAX 042-574-0930(宗像)
メールでも受付中 toukaikariya@yahoo.co.jp

ブログ http://ameblo.jp/ksanjiken/

●「Kさん親子面会謝絶事件」とは
[PR]

  by mousavian | 2009-04-06 13:34 | 法曹界

日本の弁護士

弁護士のホームページを多く見る限り、日本では次のようです。

・夫婦関係がうまく行くためにはどういう条件を満たせばよいかについて、説明をしている弁護士は見当たらない。
・離婚により子どもに精神的なダメージが与えられることを説明している弁護士は見当たらない。
・片親引き離し症候群について説明している弁護士は見当たらない。
・日本の裁判所で子どもの権利条約が守られていないことを強く抗議している弁護士は見当たらない。
・弁護士の利益とは、夫婦が簡単に離婚してお金が動くことである。
・夫婦が継続して争えば、その都度お金が入る。
・それには、夫婦のコミュニケーションを止めさせて、子どもやお金を奪い合いにさせることだ。
・裁判官も退職後は、弁護士になる人が多い。

日本の家庭裁判所
(1)「子どもの権利条約は単なる努力目標である」
(2)「離婚後の子どもの精神的な予後は知らないが、問題ないはずだ」
(3)「共同育児や充分な面会についてについて、一般の人のコンセンサスは無い」
(4)「子どもは、会いたければ会いに行く」

堀尾の保健学ブログより転載 http://blogs.yahoo.co.jp/horio_blog/28356650.html

 ※2007年2月の記事です。2009年の現在、子どもの立場を本当に考えている弁護士さんは少数ですがいらっしゃいます。家庭裁判所は書いてあるとおりですね。



にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

  by mousavian | 2009-04-05 12:47 | 法曹界

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE