<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

イラン人も離婚する

2006年に盛大にパーティーを何回もやって結婚した元夫の姪が、半年ほど前に離婚に至っていたことがわかりました。私はラブラブな二人しか見たことがなかったので、かなりショックでついここに書いてしまっています。考えられる理由としては、子どもができなかったことでしょうか・・ イラン女性の不妊率はかなり高いという情報も聞いています。革命前には平均8人も生んでいた出生率が急激に下がってしまったのはチェルノブイリ事故(1986)の影響ではないかと・・姪が生まれたのはちょうど86年頃なんです・・

賢明なことに彼女は夫(建築技師)と同じ分野の勉強をして一緒に働いていたので(それを聞いていたので離婚するとは思いもよりませんでした)、離婚後はその仕事をして一人暮らしをしているそうです。イランでは子どもができない女性に再婚の道はなく、あっても60代ぐらいのジジイの後妻になるだけです。(それでも見つかれば幸運らしいです)慰謝料や生活費もかなりもらえるはずなので(推測にすぎませんが)生活に困ることはないでしょうが、人生の中途で進路変更をして独身キャリアウーマンになるのは辛いことだろうと想像します。イランの独身女性はまったく男気のない修道女のような人生を送るので、今までの彼女の人生(派手好き)とは大違いです。日本だったら羽を伸ばして合コンすることもできますが、イランでは酒も男もダメです。

下はいまどきのイランギャルたち
f0163079_6381324.jpg



にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

  by mousavian | 2013-08-31 03:38 | イランで共同養育をめざす

国際電話で

9月から高2になるイランの娘と電話でいろいろ話をしました。いとこ達(イラン側&日本側)の情報、亡くなった人や離婚した人の情報、娘の体格(少し伸びて体重は2年前より減ったとか)、高校生活の話、夏休みは英語のクラスとギターを習いに行っているそうです。離婚したのはハタチで結婚した従姉妹なのですが、15才の娘がはっきりと”divorce”という英単語を口にするのは親のせいだとしか考えられません・・日本の高校生はだいたい知らないですよね。

従兄弟のひとりは大学を卒業してなんと兵役に行ってしまったそうです。以前、彼とチャットしたときに大学院へ行くか兵隊に行くかだと言うので、大学院がいいよと言ったのに・・ハンサムでとても優しい青年です。イランの平和が続くことを祈るばかりです。

そして将来の希望!なんと日本で学びたいと!今の志望は歯科医師(友人の薦めらしい)だそうだけど、日本の大学でそれはムリでしょう。(経済的に・・という話もしました)彼女の従姉妹や友人は美術専攻やら詩人志望とからしいのですが、娘は絶対に「稼げる職業」を目指すと思っていました。彼女が11才の頃、私は弁護士になるといいと言ってみたのですが(たぶん文系じゃないかと思って)法律は各国で違うので、海外志向の彼女が科学分野を志望することには賛成です。日本語はまったくできないので、日本へ来るにはイラン人留学生として来る手しかないでしょうね・・
[PR]

  by mousavian | 2013-08-29 20:12 | イランで共同養育をめざす

岩崎宏美

それはよく晴れた7月のこと。東京下町のベイエリアにそびえる超高層マンションの入り口の脇を背に、母と息子は交互に写真を撮り合っていた。大きな声で笑い合いながら、ひと目を気にすることなく2人は何度も...
「奪還」なんかしなくったって、最初から母と子なんですから自由に行き来すればよかったという話です。何年、何十年かかっても親子の絆は取り戻せる、というか生みの親とのつながりを切ろうとするのがおかしいのです。
[PR]

  by mousavian | 2013-08-28 13:16 | 芸能スポーツ情報

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE