<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

「国境なき記者団」のまやかし

The Reporters Without Borders Fraud
記事原文urlアドレス:
www.zmag.org/content/showarticle.cfm?SectionID=45&ItemID=7851
f0163079_21464659.jpg


[以下翻訳文]

2005年5月13日
サリム・ラムラニ

国境なき記者団(RSF)の、うさんくさい党派的活動をめぐる強い疑念は、根拠がないものではなかった。プロパガンダを活用するのが特徴の、パリ人組織による政治活動、特にキューバとベネズエラに対する活動を、長年にわたって、様々な批判者たちが、みえすいているとして糾弾してきた。ハバナとカラカスの政府に対するRSFの立場は、キューバ人やベネズエラ人革命家たちに対してワシントンが仕掛けている政治・マスコミ戦と、完璧な相関関係にあることが分かる。

とうとう真実が明らかになった。20年間RSFの事務局長をしているロベール・メナールが、主な役割が、世界中でホワイト・ハウスの狙いを推進することであるアメリカ国務省から資金を受けている全米民主主義基金(NED)から資金を得ていることを告白したのだ。メナールは実に明快だった。「我々は確かにNEDから金を貰っている。それだからといって、何も問題にはなっていない。」(1)

軍による暴力行為が、国際問題を解決するための伝統的な外交にとって代わった時期1983年に、元アメリカ大統領ロナルド・レーガンが、全米民主主義基金(NED)を設立した。財政的浸透力という強力な能力を持ったNEDの目標は、ワシントンの海外覇権に反対する政府を弱体化させることだ。(2) ラテン・アメリカでの、二大目標はキューバとベネズエラだ。

More
[PR]

  by mousavian | 2008-05-20 23:48 | 偽善団体

横峯良郎

以下は、週刊文春 5月22日号 の 手記の引用です。




私が横峯さんとの関係をお話しようと考えたのは、約一年間のお付き合いの中で、彼に心から失望したからです。

女性を単なる「モノ」としか考えていない彼から受けた精神的苦痛はもちろんの事ですが、自分に従わない周囲の人々に病的なまでの敵意を燃やし、手段を選ばず徹底的に叩き潰そうとする彼に、私は心の底から恐怖を感じました。f0163079_932451.jpg


誰からも愛される「さくらパパ」という表の顔には、恐ろしい「裏の顔」がある。あの人の本当の姿を世間に知ってほしいのです

More
[PR]

  by mousavian | 2008-05-18 01:27 | 国会情報

国会敷地内で自殺図った自衛隊員

国会敷地内で自殺図った自衛隊員、建造物侵入などで逮捕
(読売新聞 - 05月13日 13:59)

 自衛隊体育学校(東京都練馬区)所属の陸上自衛官が国会議事堂の敷地内に侵入して自殺を図った事件で、警視庁は13日、陸士長の鈴木田峻吾容疑者(20)(埼玉県朝霞市)を建造物侵入などの疑いで逮捕した。

 発表によると、鈴木田容疑者は8日午後9時過ぎ、千代田区永田町の国会議事堂北側の鉄柵を乗り越えて侵入、短刀(刃渡り22センチ)で腹を刺したところを機動隊員に現行犯逮捕された。1~2週間の軽傷で、いったん釈放されて入院していた。


やっとニュースになりましたね・・
f0163079_11193247.jpg
[PR]

  by mousavian | 2008-05-13 18:31 | 事件です

シー・シェパードは「資金提供者にたかる金食いペテン師」

カナダ漁業海洋相、シー・シェパードは「資金提供者にたかる金食いペテン師」
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2377631/2828815

【4月13日 AFP】カナダ沿岸警備隊は12日、アザラシの捕獲に反対する動物愛護団体「シー・シェパード(Sea Shepherd Conservation Society)」が所有する船舶Farley Mowat号を拿捕(だほ)した。ロヨラ・ハーン(Loyola Hearn)漁業海洋相が同日発表した。シー・シェパード側は、「戦争行為」だとして反発している。

 ハーン漁業海洋相は、「カナダ政府は、アザラシの商業捕獲に従事する国民の安全と生計を守るため、海洋哺乳類保護法違反の疑いのあるFarley Mowat号を強制捜査し、船長と一等航海士を逮捕した」と発表した。

 これに対しシー・シェパード側は、Farley Mowat号がカナダ東部・セントローレンス(Saint Lawrence)湾内の公海上で突然カナダ沿岸警備隊所属の砕氷船2隻に攻撃されたと主張した。

 シー・シェパードのポール・ワトソン(Paul Watson)代表は、「これは戦争行為に当たる。カナダ政府は公海上でオランダ国籍の同船に武装部隊を送り込み、これを捕獲した」と述べ反発を強めている。

 ハーン漁業海洋相は、Farley Mowat号の拿捕がカナダ領海内だったと明言し、シー・シェパードについて、「資金提供者にたかる金食いペテン師の集まり」だと反論した。

 ワトソン代表によると、今回のFarley Mowat号の役割は、欧州で広がりを見せつつあるアザラシ製品の輸入禁止への機運を後押しするため、アザラシ捕獲に伴う残虐性の証拠を集めることだったという。
[PR]

  by mousavian | 2008-05-12 10:38 | 偽善団体

中国大使館で聖火リレーレセプション 河野洋平、太田昭宏、志位和夫らが出席

中国大使館で聖火リレーレセプション 河野洋平、太田昭宏、志位和夫らが出席
f0163079_164338.jpghttp://www.asahi.com/national/update/0426/TKY200804260310.html?ref=rss

■駐日大使「リレーは成功」

 聖火リレーの歓迎レセプションが26日夜、東京都港区の中国大使館であった。福田貴代子・首相夫人や公明党の太田代表、共産党の志位委員長、インドの大使らが出席。崔天凱(ツォイ・ティエンカイ)駐日中国大使は「聖火リレーが成功裏に開催された。この追い風に乗って、胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席の公式訪問を、さらに五輪を成功させましょう」と話した。

 あいさつした河野衆院議長は「40年の五輪は日本の行動によって中止せざるを得なかった。64年の東京(五輪)は、日中関係が正常化していなく、中国は選手を派遣しなかった。三度目の正直。日本は中国とともに、この舞台で、感激を味わいたい。そのためにも中国が国内問題を正しく処理し、国際社会で平和と繁栄、福祉、人権について、誰からも評価されるようにあってほしい」と話した。 f0163079_1644745.jpg

レセプション出席者の証言「消えていた聖火」
[PR]

  by mousavian | 2008-05-01 16:44 | China

死刑囚と後期高齢者の類似点

「週刊ポスト 2008.5.9・16」の25頁から一部転載します。


(転載開始)

「痛みを感じとっていただく」

《高齢者は1分でも早く死ね》――そういわんばかりの厚労省官僚の“本音文書”も発見した。
 こともあろうに、各自治体の保険担当者が後期高齢者医療制度の“バイブル”にしている『高齢者の医療の確保に関する法律の解説』(法研刊)という解説書にこう書かれている。
〈後期高齢者が亡くなりそうになり、家族が1時間でも、1分でも生かしてほしいと要望して、いろいろな治療がされる。それがかさむと500万円とか、1000万円の金額になってしまう〉
〈家族の感情から発生した医療費をあまねく若人が支援金として負担しなければならないということになると、若人の負担意欲が薄らぐ可能性がある。それを抑制する仕組みを検討するのが終末期医療の評価の問題である〉

http://www.weeklypost.com/080516jp/index.html

(転載終了)

f0163079_991179.jpg
死刑囚と後期高齢者の類似点


1 収容施設が満杯
2 お金がかかる
3 もうすぐ亡くなる



自公政権は、75歳になったら「ベルトコンベアー」に死ねば、国民健康保険の負担が軽くなって良い、とでも考えているのだろうか?
[PR]

  by mousavian | 2008-05-01 08:59

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE